輸入雑貨情報インポート

Birkenstock


Birkenstock

Birkenstockはドイツを代表するシューズメーカーです。歴史は1774年から、当初は靴の中敷きを作るメーカーとして始まりました。日本はまだ江戸時代の中期、平賀源内がウロウロしていたころです。当初から中敷きの製造技術を靴業界に広めることに熱心だったBirkenstock家の家業は、戦時中に傷痍軍人のためのリハビリシューズを製作したりしながら、技術的な発展を遂げていきました。技術革新は大きく下って20世紀に入った1969年に、コルクと革を合体させてフットベッドに採用したことで一気に花開きます。 90年には米国Footwear News誌で、アリゾナがシュー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、Birkenの名声はさらに上がります。92年には手縫いのコンフォートシューズを初めて作り、本格的にシューズメーカーとしての活動を開始しました。


日本には70年台から80年台に日本にかけて上陸したBirkenは、日本人の好みに合わせた日本特別版を春秋ごとに発表しはじめ、どちらかというと地味な印象のシューズメーカーからスタイリッシュさを併せ持ったブランドとして存在感を強めました。2002年にはBirkenstockジャパンが設立されます。ドイツやアメリカのBirkenブランドは現在でも地味な印象のスタンダードなサンダルや靴を中心に作っているのですが、日本で発表されるコレクションは突出してファッション性の高いものが多くなっています。日本で発売されたものが翌年以降に海外で導入される例が多いようです。2007年には定番のクロッグボストンが誕生から30周年を迎えました。Birkenは長き歴史にわたり一貫してMade in Germany(ドイツ製)のラベルを維持し、高品質を保証しています。