輸入雑貨情報インポート

normann COPENHAGEN


normann COPENHAGEN

デンマークに拠点を置くプロダクトブランド、normann COPENHAGENの歴史は、1999年にPoul MadsenとJan Andersenが共同でオープンした小さなデザインストアから始まります。元より自分たち独自のプロダクトラインを作りたいという思いがあった彼らは、2002年、normann COPENHAGEN名義の初のプロダクトとなる組み立て式の照明、norm69の発表を皮切りにデザインショップ兼メーカーへの道を歩みだします。Washing-up Bowl and brushは、ヨーロッパの名誉あるDesign Plus賞を受賞するなど、normann COPENHAGENは瞬く間に国際的に注目を集め、認知を受けました。その後もKarim RashidやMarcel Wondersなど世界的にも著名なデザイナーを起用し、わずか数年でデザイン業界の高い評価を得ると共に、確固たる地位を築きあげました。2005年には、小さなデザインストアから1700平米の映画館だった建物を改築しnormann COPENHAGENの新たな拠点としました。このストアは、コペンハーゲンで最も最先端のデザインストアとしてだけではなく、その広さを利用して、パーティイベントやファッションショー、アートエキジビジョンなどが開催されるデザインやアートに敏感な人たちの集まる場としても提供されています。


2009年からは、new danish modernというテーマを掲げ、Ole JensenやRikke Hagen、Claydiesなど現代のデンマークを代表するデザイナーと共に、過去のハンドクラフト製品の良さを、現代的なアプローチでプロダクト化しています。normann COPENHAGENは、従来のデザインルールに常に挑戦し、伝統的かつありふれた素材を用いながら、キッチン小物から家具に至るまで、新らたな価値を持ったプロダクトを作り続けています。